ブログ Blog

 

2019.12.14

初冬の八島ヶ原湿原

12月も半ば、令和元年もあと半月ですね。

昨日(12/13)は八島ヶ原湿原の鷲ヶ峰へ日の出を見に行ってきました。

今年最後?のトレッキングです。


朝6時、八島ヶ原湿原駐車場で車の搭載の温度計にはマイナス7度を表示。

途中、ビーナスラインに少し積雪がありましたが、こちらには見当たりません。

東の空もだいぶ明るくなってきました。

西の空には煌々と満月が輝いています。

登り初めて10分ほどで見通しの良い所に。

日の出の方向へ目を向けると

ひっそりと静まり返った八島ヶ原湿原とその奥には八ヶ岳の山々、

そして雲の上に頭を出した富士山が見えました。

ひと息ついて登り始め、20分ほどで360度見渡せるピークに到着。

日の出まではあと15分ほど、ここで日の出を見ることにしました。

空がだんだんと赤く明るくなって来ました。

3000mを超える山々、御嶽山、乗鞍岳、穂高連邦、槍ヶ岳は雲の上に頭を出し、

朝日を浴びて山肌が赤く染まるモルゲンロートがおこっています。

写真じゃちょっと分かりづらいかな?

そして八ヶ岳からは太陽が昇ってきました。

日の出を見届けてから鷲ヶ峰の山頂へ。

日の出を見たピークから10分ほどのところに山頂があります。

山頂に到着し、マグボトルに淹れてきたコーヒーを飲みながら辺りを見まわすと、

ちょうど北アルプスに満月が沈むところでした。

槍ヶ岳の横、南岳付近にゆっくりと満月が沈んでいきました。

満月が沈むのを見届け、同じルートで下山します。

登って来る時は暗くて気づかなかったのですが、木々には樹氷がついていました。

登山道には積雪がありませんでしたので、霧などの空気中の水分が凍って木々に付く

霧氷だと思います。

あたり一面と言う事ではなく、霧の濃かった場所だけに霧氷がキレイ付いているようでした。

 

朝日を浴びて霧氷の写真を撮りながら下山してきました。


今年は暖冬の予報が出ていますが、

12月に入って晴れの日が多く、天気が崩れてもゲレンデ付近は雪だったようで

各スノーリゾートは順調にゲレンデの準備が出来たようです。

テラス周辺のスノーリゾートは予定通りオープンし始めています。

ただピラタス蓼科のロープウェイは整備の関係で12/30からの運行予定となっています。

いよいよスノーシーズンが始まりました。


ナイトフロント 杉山

 

季節のイベント

TOPへ