ブログ Blog

 

2020.02.17

スノートレッキング  -高見石と白駒池ー

2月に入り、冬らしい寒い日が続いていましたが、

最近はまた暖冬に逆戻り?してしまいました。

寒い日が続いている間、蓼科高原では雪が舞うこともありましたが、

積雪まではいきませんでした。


その寒かった先週、ちょっと長めのスノートレッキングをしてきました。

目的地は高見石と白駒池。

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅から縞枯山と茶臼山のふもとを通り、

冬期通行止めの国道299号線を歩き、高見石と白駒池を巡るコースです。


始発のロープウェイ(9:00発)で上がり、まずは国道にむけてスタート。

森の中を歩き、1時間ほど歩いて国道に到着。

いつも車で走っている国道を歩くのは不思議な感じがしますね。

テラス周辺には積雪が全然ないのですが、標高2000m前後の国道の上には

しっかりと20cmほどの積雪がありました。

国道を麦草峠まで歩き、そこで国道と別れを告げて森の中のルートへ。

そのルートで白駒池近くまで行き、そこから高見石へ。

高見石小屋までの登山道を45分ほど登ります。

高見石小屋から最高点までは岩場(高見石だから石場と言うのかな?)。

夏に登ると石と石を飛び渡りながら登っていきますが、冬は雪で石と石との隙間も埋まり、

踏み固められたルートも出来て意外と登りやすいです。

でも調子に乗ってルートを外れると隙間に落ちます、ケガします。

石の上からは南、中央のアルプス、北アルプスの一部、御嶽山、浅間山、戸隠連峰など・・・

そしてこの日はとても視界がクリアで浅間山の奥には谷川岳などの越後の山々まで

見渡す事が出来ました。

真っ白な白駒池は普段のこの時期と違い周りが緑なのでとても目立っていました。

石の上で5分ほど景色を眺め、白駒池の畔へと下山しました。

この時期の池の上は自由歩行、ガチンガチンに凍った池に30cm以上の積雪の状態です。

表面の雪も固まったところと柔らかいところがあり、調子よく歩いていると

いきなり足がズズズっと30cm近く潜ってしまいます。

そんな感じでハマりながら少し池の上を歩き回り、池の畔にある東屋で昼食を取りました。

実はあんまりのんびりはしてられません、この時点の時刻は13時30分。

ロープウェイの最終16時までに山頂駅に着かなければなりません。

昼食でエネルギー補給をして帰路につきました。

帰りは写真もあまり撮らず黙々と歩き、最終の20分前に駅に到着。


天気予報では午後から下り坂でしたが、なんとか1日持ちました。

日頃の行いの賜物です。

約6時間のスノートレッキングを楽しみました。




今週始めも温かかったですが、また寒波が降りて来たようなので、

もう少し冬が続いきそうですね。


ナイトフロント  杉山

 

季節のイベント

TOPへ